お金の借り方返し方①【賢く借入業者を選ぶ編】

お金の借り先は色々あるので目的・状況別に選ぼう

 

お金を借りる目的によって借り入れ先を決める事がスムーズに借り入れする第一ポイントです。個人で借りる場合、事業者として借りる場合、法人として借りる場合で最適な借り先を選び、次にお金を使う目的に応じて決めていくとスムーズに進められます。

第二ポイントはお金を借りられるまでの時間が長く取れるかどうかです。数週間後でも良いのか、今週中に必要なのかでも違ってきます。

例えば公庫や銀行系だと審査から借り入れまで時間がかかる傾向にあり、クレジットカードを使って借り入れをするにも発行までに時間がかかる傾向にありますが、取り急ぎ現金が必要な場合で出来れば即日か数日以内にという時には即日対応借り入れ会社を選ぶ事になります。

目的と、借り入れまでに残されている時間によって最適な業者を選ぶ事でスムーズに進められます。

 

①日本政策金融公庫・銀行(事業者向け)

お金の借り方と返し方

 

日本政策金融公庫は国が運営する貸付機関です。主に個人事業主・法人の事業資金を借りられます。銀行も同じですが銀行は個人向けのフリーローンや自動車ローン等も扱うので、どちらかと言うと事業専用です。

日本政策金融公庫は面談が厳しいイメージですが事業計画書を重視するので確実な収益が見込めるだけの説得力あるものが出せれば融資審査は甘めな所があります。全国の商工会と繋がっているので先に商工会の窓口に行って担当者を介して紹介してもらうと審査が通過しやすい傾向にあります。

銀行も同じく事業計画書を提出して行員に対してビジネス計画を伝えて融資を受けますが銀行は金額的な部分、収益の部分をシビアに審査する傾向にあるので、初めての融資、起業してすぐの企業には厳しい傾向があります。まずは日本政策金融公庫に行ってみて融資依頼をしたほうが良いでしょう。

 

②銀行(個人向け)・クレジットカード会社

クレカでお金を借りる

 

銀行は個人向けの融資も行っています。事業用途だと事業計画書を出したり融資したお金を管理されたり自由に使う事は基本的に許されません。事業を進める目的でしか使えないので銀行に事業計画が正しく進んでいるのか、収益が出ているのか返済は問題ないのかを報告しなければなりません。

個人が使うものではないのでかなりシビアです。個人用はフリーローン、自動車ローンとかの目的別なのでここではフリーローンについてですが、何に使っても良いローンなので使い道は自由です。

借り入れの時に何に使うかを目安として書かなければならない事がありますが「レジャー用」などにチェックをして借り入れて別の事に使っても基本的にチェックされるものではありません。

文字通りフリーのローンなので実質お金を貸すのが目的です。なので融資時には審査があります。フリーローンではありますが銀行なので、ローン専用会社に比較して独自の審査方法となり審査が厳しい傾向にあります。

金利も驚く程安いという事は無く一般的なフリーローン会社と変わらなくなりました。(利率改正後ほぼ同じ程度になっています)クレジットカードでもキャシング・リボ・カードローンが使えます。銀行系カードでは三井住友VISAカードが有名ですね。

JCBやアメリカンエクスプレスなどがプロパーと呼ばれるカード会社独自にカードを発行しています。これらは審査は厳しめです。信用情報が優秀だとこうした銀行系、プロパー系の活用から始めるのも良いでしょう。

審査時間が一番長い傾向にあります。融資までの時間がかなりかかる事があります。

 

③信販系・提携カード

お金の借り方と返し方

 

ジャックス(カード)・オリコ(カード)といった車のローンや家電などのローンでお馴染みの信販系のローン、楽天カードやYahoo!カードなどの提携系のクレジットカードのキャッシングなどがこの属性です。審査が比較的優しい事が多いので親しまれています。

昨今では各社がカードローン専用のサービスをしているので、キャッシングだけ目的であれば即日で借り入れできる事も増えてきました。審査は優しいといっても銀行系より優しい傾向、プロパー系より優しいという事なので、審査が甘い会社ばかりではありません。一定の収入や過去履歴は必要と言われています。審査時間は長めになっています。

 

④カードローンサービス部門

お金の借り方と返し方

 

ジャパンネットバンク(現ペイペイ)カードローン、楽天カードローンなど元々はネットバンクだったりの企業がお金を貸す部門をつくってカードローンサービスを展開するものです。

完全なキャッシング・ローン会社との違いは金利優遇時期があったりキャンペーンでキャッシュバック(楽天なら楽天ポイント還元など)を行う傾向にあります。銀行系の新規ローン申し込み審査より審査が甘い傾向ですが、借りられる額が仮に100万円までとなっていても実際は10万円迄だったり個人によって違いがでるようです。審査時間が少し長くなる傾向にはあります。

 

⑤キャッシング・ローン・担保ローン専門

お金の借り方と返し方

 

大手消費者金融(アコム・プロミスなど)を含めた現金を貸し付ける専門の借り入れです。銀行と提携している数社がありますが、地方の金融業者も含めると膨大な数の業者があります。

ネット普及で全国対応となっている会社も増えていて、来店しなくてもネットだけで審査が完結し、自分の口座に振り込みをしてくれる会社が多くなりました。キャッシング専門会社なので審査慣れ、貸し倒れデータ等も豊富なので多くの人に利用実績があり、審査を臨機応変にしてくれる金融会社も多いのが特徴です。担保系ローンは不動産等を登録して担保を入れて借り入れするものです。

特長としては担保に応じて高額な借り入れが出来る事です。中には数千万円の借り入れが出来た人もいるので高額な現金が必要な場合に価値ある土地を保有している時に利用出来ます。返済出来ない時は担保を失うリスクはありますが、将来売却予定をしているとかなら現金借り入れに有効活用出来ます。

返済が完了すれば担保は残るので問題ありません。担保審査に時間がかかる事が多いのと、担保価値が無い事もあるのでその場合は担保なしローンを活用となります。

銀行系・カード会社系に比較すると金利が高い傾向にはありますが金利改正後にはほとんど差が無くなりました。(10%~18%年利程度範囲が多い)中には額に応じて銀行系のカードローンより安く良心的な金利を出している会社も出ています。融資審査が短い傾向にあります。

 

審査に不安がある・過去に延滞・破産歴がある

お金の借り方と返し方

 

借入時には金融会社によって独自の審査が行われて審査を通過したら貸し出しを行う事になっています。なので審査に通過しないとお断りになってしまい借りたくても借りられません。審査時に審査担当スタッフが行っている事とは、金融会社によって多少の違いはありますが、基本的にまず先に行うのは、金融取引実績データの確認をします。

 

  • 指定信用情報機関のCIC
  • 日本信用情報機構JICC
  • 全国銀行個人信用情報センター

 

CICとJICCは全国のキャッシング・カード会社等多くが情報参照をし、全国銀行信用情報センターは銀行系列会社が参照に活用しますが、複数を参照して審査に活用する会社もあるので、利用する会社がどこを参照しているのか分からないと過去の履歴に問題があると審査落ち可能性が高まります。

特に重大な事故情報(破産・債務整理など)は審査落ちの要因になってきます。会社代表で連帯保証人となって破産した場合でも個人情報として破産事故となるので扱いは同じと言われています。

 

諦める必要は無い!?過去履歴は変えられます

信用情報は変えられる

 

一般的に過去の信用情報は5年で抹消されると言われます(正確には誤差はあります)。なので自己破産や延滞で過去の履歴が良くない場合には5年程度経過してから借り入れやクレジットカードの申し込みをするほうが良いですが例外もあります。

それは5年経過する前に、複数の良好な過去履歴を残す事、収入を増やしたり、社会的信用の高い仕事に変わる事等で、5年経過しなくとも2年~4年で借り入れが出来た、クレジットカードが発行されたという事例もあります。

個人情報で事故情報があっても法人設立で法人カードや法人借り入れで審査を通過したという事例もあります。レアケースなので全てではありませんが、過去の事故で5年絶対に借り入れが出来ないわけではない事は間違いないです。また情報機関で良くない情報があっても現在の収入、仕事、状況を見て審査を独自に行って融資をしてくれる会社もあります。

クレジットカード・銀行融資については審査が厳しいので5年以内での借り入れ・カード発行は期待出来ません。現金借り入れで柔軟審査の会社を選ぶと融資される可能性はあります。ここで絶対に注意しなければいけないのが返済を確実に出来る状況かどうかです。過去履歴が最高でない状態で貸付をしてもらえた場合、確実に返済をする必要があります。

そうすることで借り入れ実績と返済実績が蓄積されます(柔軟審査金融会社も情報機関に情報を書き込む)。なのできちんと返済をして完済する情報が書かれると、将来的にプラスの信用となります。

 

自分に合った借り入れ会社を選んで「もしも」に備えましょう

お金の借り方と返し方

 

お金を借りる時は金利・審査・返済計画・借入額等気になる所があると思いますが、借り入れの時には審査があるので審査基準に合わないと審査に落ちる可能性があります。また気を付けたいのがほぼ全ての金融会社は信用機関を参照したり、申し込みした履歴を書き込みますので、同時に複数の会社に申し込みをしないほうが健全です。

同時に3社以上申し込みをすると「貸し倒れ」懸念を考えられますのでせっかく審査通過する予定だったものを警戒されてしまう可能性が出てきます。多くても3社程度の申し込みにして融資を終えてから申し込みをして信用を大事に育てる事をお勧めします。

借り入れが上手に出来たら計画通りに返済を完了します。そうすると次回から融資が受けやすくなります。金額も信用に応じて幅が広がっていくでしょう。

 

借り入れ・複数借り入れまとめ・クレカ

 

複数借り入れを一気に最適化【U-ファイナンス】

4社から300万円借り入れ→Uファイナンスに1本化で金利12~18%を9.8%年利に実績。複数の高金利での返済は中々元金が減らなくて苦労しますね。更に返済額が複数になると毎月大変です。借入先が2社以上で返済に不安があるならUファイナンスでのまとめ借り換え専門を活用するのも良いでしょう。100万円~700万円まで対応しているので多くの借り入れがある時は力になります。面倒な来店不要スマホで10項目入力で相談可能。

 

借りやすく返しやすいキャッシングアロー

アプリで全て完結するから安心・審査に不安があっても安心感が高い事前3秒診断があります。郵便物が届かないお約束なので更に安心して利用出来ます。フリープラン・借り換えプランがあるので他社の複数の借り入れを1本かして毎月の負担を減らす事も対応しています。本審査も柔軟対応で45分で完了。即日口座振り込み対応。返済日を5日・10日・15日・20日・25日・末日と細かく選べるので自分の都合に合わせられるのも魅力。

 

金利4%から+融資審査柔軟+最短融資【事業資金融資MRF】

最短3日でのスピード融資で定評のあるMRFです。相談無料、24時間以内に借り審査が出来るので先に審査をしてから計画する事が出来ます。決算や業績が一時的に落ち込んで審査に不安があっても、業種や業態や決済にとらわれない独自の審査をしてくれるので未来に繋げる事も出来ます。プランナーが多数在籍しているので融資相談が出来ます。金利面も4%からなので返済計画も立てやすい融資です。

 

不動産担保融資「ユニーファイナンス」最短3日融資

不動産担保での借り入れは融資までの審査が長くなる傾向がありますが最短3日実績があるユニーファイナンスは審査に時間出来るだけ取らないで早急に借り入れたい利用者に支持される融資会社です。審査基準も顧客に寄り添ったもので担保に関してもしっかり見てくれます。融資最大3000万円なので余裕ある資金が必要な時に役立ちます。金利が6%からと良心的な点も魅力となっています。融資相談気軽に行えます。

 

審査不安解消のクレジットカード【ネクサスカード】

クレジットカードを持ちたいけれど審査が不安という方はこちらのカードを発行してクレジットカードを使いましょう。ネットでの買い物や年齢認証等でもカードが欲しい場面が多いですね。最近増えているデビットカードでは使えないお店もあるので困った経験があるのでは?このクレジットカードはマスターカードを保証金を入れる事で「通常のクレカ」として使えます。信用履歴に左右されない発行と、カードが届いてから入金なのでスムーズです。カード枠5万円~200万円まで対応しています。

 

後払い出来るのに審査無し【新設立会社OKガソリンカード】

クレカ審査が厳しいと感じている新会社オーナーを助けるガソリンカードが登場しています。支払いは後払い、カード審査無しなので信用履歴情報不要です。ガソリンを入れる心配から解放してくれるガソリンカードです。

 

住宅ローンで悩むなら「住宅本舗ローン比較」

住宅ローンで住宅を建てたい・中古物件を買いたい・リフォームしたいなど悩みは尽きません。どうせならワンランク上を買いたいと思う事もあるし、出来るだけ金利を安くしてランクは下げても良いかな?というニーズもあります。自分が想定している金額の支払いでどれくらい借りれるか、返せるかなど疑問を解決する住宅ローンの一括比較を活用して賢く住宅購入。

 

住宅ローン返済に困ったら無料相談

リースバック・競売回避・売却まで住宅ローンに困ったらプロに相談して最適な結果を探すのが先決です。E.Cエンタープライスはプロのスタッフが多くの案件を解決してきた実績ある相談窓口。売却の場合でもその後のサポートまでしています。住宅ローンで困ったら悩まず相談が先決です。早い段階で適切な対策をするのが大事です。

 

取引先の支払いまで日数がある時も問題解決

アクセルファクターのサービスを活用すれば、事業者の資金問題がスムーズに解決する事があります。アクセルファクターのファクタリング部門は日本でも有数の優秀売掛代理実績があります。年間3000件年間290億円の実績。取引会社への販売、サービスの売掛金の入金が数週間後、数か月後、未払いで困っている時に資金が足りなくなるのを防ぐにはアクセスファクターに相談すれば売掛金を先払いしてくれます。借り入れでは無く売掛先払いなので資金繰りに役立ちます。

お金の返し方で大事な事まとめ

お金の返し方

 

融資を受けて返済を考える時に最も注意しなければならないのが借りた経験のある方ならご存じ「毎月の返済額」です。返済額は各社最低返済額が決まっているので、「毎月1万円」「毎月5000円」と言う形で最低返済額を指定されます。

この金額が金利のみなのか、元本(金利とは別の借り入れた額)が減っていくのかを確認して毎月返済していくと毎月、毎年いくら減っていって完済するのはいつなのか確認する事が大事な事です。現在の返済額、残債がどのくらいかを常に意識したほうが良いです。

更に複数の会社で追加で融資を受けていくと金利面で不利な会社があったり、毎月の決まった返済額が複数になるので1社だと1万円だったものが複数社だと毎月の支払いが何万円にもなる事もあるので、複数に借り入れを行ったら銀行で一本化する、銀行が厳しければ金利の安いローン会社で一本化するなど、まとめて金利を下げていく、返済額を下げていく事で生活が悪化せずに済みます。

金利を下げて、支払額を下げたら余ったお金を貯蓄して貯まったら一括で返済するという方法も効果的です。借り入れの基本は必要最低限な額を借りて、出来るだけ短い期間で返済するのが基本です。複数・高金利となっている時は金利が下がるまとめローンに乗り換えるのが有効です。

クレジットカードのキャッシング・カードローンも使い勝手が良すぎて借り入れが増えやすいので、借り癖が付かないように借りたら完済をしてから使うようにすると良いでしょう。

 

 

全国即日・低金利1万円~5000万円審査楽チン
フリーローン1万円から300万円まで即日融資のデイリーキャッシング。ビジネス用に200万円から5000万円、不動産担保は8000万円まで、複数借り入れで返済計画に不安のある方には1本化おまとめローン600万円まで対応できます。金利5%からと低い設定と審査を個人に合わせてしてくれるので審査に不安のある方も、初めての方も気軽に相談する事が出来る人気の会社です。電話・来店・ネットでの審査申し込みが出来るので安心です。

すぐに内容確認と審査は以下から

複数借り入れを一気に最適化【U-ファイナンス】

悩むのはもう終わりにしましょう。今何か所からお金を借りて返済が面倒、返済額が多くて困った、金利が高くてどうしようかと思ったら金利を下げて借り換えるUFINANCEの利用をすると全社を返済してくれて借り入れを1社に出来るので返済計画が楽になります。

 

すぐに内容確認と審査は以下から

借りやすく返しやすいキャッシングアロー

お金で悩むよりまず行動。審査がとっても優しくて金利も高くない借入先をさがすならアローは実績が多いです。フリーローンで使い道が自由な借り入れと郵送物が送らないように配慮してくれるので嬉しいです。独自審査をしてくれるので悩まずに相談してみると良いでしょう。

 

すぐに内容確認と審査は以下から

 

低金利+融資審査柔軟+最短融資

事業資金で悩むよりもまず行動。事業資金が足りないとビジネスチャンスを逃す事もあるのが事業経営ですが、審査が心配とか融資をしてもらうのに銀行は時間がかかりすぎて間に合わない時にMRFを活用して成功している事業者はたくさんいます。困ったら事業資金融資専門のMRFで相談無料なので活用して事業の悩みを解消しましょう。

 

すぐに内容確認と審査は以下から

いま他の人が読んでいるページ