YouTubeで失敗する人・成功する人【YouTube長者】

YouTubeで利益が出る人と出ない人の差

 

YouTubeが世に登場してはや17年。YouTubeは多くの人に利用され現在ではテレビで視聴したりスマホで視聴するなど日常に欠かせないものとなっています。

YouTubeは無料で動画を見るという視聴者の他にYouTubeに動画をアップして収入を得るという面からも注目を集めてきました。高収入を得ている人気ユーチューバーだと億単位の収入を得ています。

対して全く再生回数が伸びずに利益がでないままで原因がわからないまま放置してしまうユーチューバーもいます。YouTubeで成功するには何に気を付けたら良いのかを解説します。

 

YouTubeで収益化を目指すなら失敗例が参考に

YouTubeで収益化

 

YouTubeでは再生回数を見れば人気の動画と、そうでない動画との間には大きな開きがあります。公開して数日で数十万以上の再生がされる動画に対して、100回以下の動画もあります。

YouTube過渡期には、参加者が少なかった事もあって次々と人気の動画が出ましたが、現在のようにコンテンツが多くなってくると、動画のクオリティに関して視聴者の評価も変化してきています。

 

見やすい編集・面白いコンテンツが必須

 

コンテンツとして淡々と家を建てる動画、キャンプをする動画など編集をシンプルにした動画もありますが、人気が出やすいのが視聴者が見やすく編集をした動画です。

年々動画の編集クオリティは上がっていて、字幕の挿入、効果音の挿入、BGM、無駄な空白を無くしたり、カットインなど凝った技術が入ったプロが編集したような動画も多くなっています。

コンテンツ以前に動画のクオリティに関しても全体的に上がっている点は見逃せません。自分で高度な編集をするか、外注をして編集クオリティを上げるなどを考慮することは視聴者評価を上げる要素の一つです。

動画編集は自分で行う以外に外注をして時間節約をしながら、クオリティを上げる方法もあります。経費が少しかかりますが、外注する事でクオリティの高い動画を量産する事ができます。

 

動画のクオリティを上げる方法「むびる」
YouTubeの動画の撮影・編集・企画に困ったら「むびる」で全国のYouTube動画の編集のプロ、撮影のプロ、企画のプロとすぐに繋がって、編集を依頼することができます。特にYouTubeの動画を完璧に仕上げたいと思ったときに、自分で作業をしてモチベーションが下がったり、無駄な時間ばかりが過ぎる事を防げます。ユーチューバーとしてコンテンツの事だけを考える事ができるので、むびるを活用してYouTube配信をする事は効果的です。

 

人気のコンテンツを見て学ぶことから

YouTube動画で人気となるには

 

YouTube動画で人気となるには動画の編集によって見やすい動画であることはもちろんですが、この部分は全てではありません。編集が効果を発揮する動画と、簡単な編集でも良い内容がある事に注目です。

 

テンポよく進行する動画と、そうでない動画

 

「やってみた」系の動画だと実験をしたり、乗り物に乗ったり実況をしているような部類ですが、こうした動画だとテンポ良く効果音や字幕の表示とか、BGMとかのバランスでより内容が濃く感じます。

対して猫や犬が画面上に出てきて、彼らの行動を観察するような動画ではBGMと、上手な字幕の入れ方でじっくり見せています。

釣りやドライブといったゆったりした時間のものでは、最終的なクライマックスまで飽きさせないように編集をして最後に大物が釣れたりといった落ちがあります。

動画の種類によって上手な動画の見せ方を成功しているユーチューバーを参考にしてみると気が付くはずです。猫や犬を中心にしている動画で無駄に字幕が多いとか、アングルが悪いとか、視聴者が不快に思ったり飽きたりしないように考慮する事は大事です。

 

動画の起承転結を上手に組み立てて落ちへ

動画を撮影する段階で考えておく

 

動画を撮影する段階で考えておく事が必要なのが「企画」です。不慣れな間は何となく撮影をして、何となくタイトルを付けて何となく公開する事が多いですが、慣れるまではそれで良いとしても、長く続けていくには企画を立てて撮影するほうが、動画の目的がハッキリして、視聴者も見やすくなります。

例外として意図的に「撮りっぱなし」の動画は良いですが、そうでない場合はタイトルから想像できる動画の、起承転結を考えて撮影していくと編集もしやすいです。

 

具体的に企画とかどういう風に考えるか

 

例えば動画で家族でキャンプをする動画を公開しようとする場合で考えると、この動画の企画をどういう風に考えるかというと以下のように考える事ができます。

 

  1. 目的は息子の誕生日をキャンプをして祝いたい
  2. 落ちは息子にサプライズプレゼント
  3. 車を使って現地まで行く過程も動画に入れる
  4. キャンプ地でスイカ割りをする
  5. 近くの川で魚釣りもする様子も入れる

 

仮にこうした5つの行動をするとして、②でプレゼントするものに関して盛り上がるものを設定する、③の道中では途中で何かハプニングを入れる、途中で外食や買い物を入れる、④ではハプニング、見せ方を考える、笑いを入れる、⑤でもハプニング、驚きを入れるなど、それぞれの中身もある程度考えます。

 

動画を組み立てる重要さ
動画は決まった時間内で何かが起こって解決するような動きがあると視聴者が飽きずに見られます。こうした構成があった上で、出演者のキャラクターや話し方が魅力的なら動画の質がグッと上がります。

 

主役のキャラ・トーク力の最適化

視聴者に支持されている理由

 

常に出演する主役が同じ場合、キャラ設定やトークの上手さはかなり視聴者の印象に影響を与えます。主役が猫や犬といったペットだと、この主役を目的に見てくれますが人間の場合、トーク力や動作も見ています。

話し方、声の強弱、癖も客観的に考えていくと良いです。人気となっているユーチューバーの話し方、言葉の使い方、態度などをしっかり研究してみると、視聴者に支持されている理由がわかるかもしれません。

 

視聴者が求めているコンテンツを配信できるか

 

YouTubeで成功している人々の特徴は、移り変わりの激しい世界で常に人気となっているコンテンツを意識している点です。動画のクオリティ、出演者のレベルの高さはもちろんですが、飽きさせない為に新しいコンテンツを常に模索しています。

人気コンテンツの多くは主役に魅力があって人気があって、そこに飽きさせない動画を頻繁に更新して追加しています。動画数が多ければ多いほど再生回数、再生時間が蓄積されるので量も多いほうが良いです。

 

YouTubeのタイトル・解説も研究すべき

YouTubeの動画を検索する時にもタイトルが重要

 

YouTubeの動画を検索する時にもタイトルが重要ですが、動画がおすすめで出てきた時にタイトルで選ぶことも多いでしょう。検索結果の為に的確なタイトルを考え、他の動画と並んだ時に他の動画より面白そうだと思わせるタイトルを付けましょう。

 

話題のワードを使えるなら織り込む

 

巷で流行しているワードがあれば意図的に解説やタイトルに入れたり、動画内容を伝えられるタイトルを上手に付けるようにしますが、単なる説明に加えて目を引くタイトルを付ける事でアクセスが伸びる事があります。

「楽しい魚釣りをしました」→「港で釣りをしていたらとんでもない化け物が!」(例)といった内容は似ていても、与える印象が違うので、タイトルや解説に凝ってみるのも効果的です。

人気の動画の内容を解析するのと同時に、どういうタイトルを付けているかも確認したいです。誇大表示は良くありませんが、(嘘の内容もダメです)視聴者が見たいと思わせるタイトルをつけると効果的です。

 

 

いま他の人が読んでいるページ