東京で仕事・副業したいけど家賃が高すぎ問題【家賃3万円物件】

都内で住めば収入アップが見込める!?時給の違い

 

ネットが普及した事で全国どこでも稼げる可能性が広がり、地方に住んでいてもパソコンを使う事が出来るものなら東京で住む必要は無くなりました。

しかしネットに依存しない仕事・アルバイト関係で稼ぐには都内の時給・求人数は地方を圧倒しています。不況時でも地方に比べると何かしらの仕事はあるのが現実です。それほど東京の人口集中は間違いなく進行しています。

しかし東京で仕事・副業をして稼いでも家賃が高いのは問題です。高収入を得ているなら家賃も問題ないですがこれから引っ越したいという場合には家賃・敷金等は大きなハードルとなってきます。

東京都ワンルーム・1K・1DKの家賃は高め?

ワンルームを安く借りるには

 

地方だと2万円~4万円の家賃も多いワンルーム。在宅勤務をするにもワンルームがあれば仕事が出来る時代なので自宅と別にワンルームを借りて作業をしているというフリーランスも増えています。

利便性を考えると都内が便利で、取引先との打ち合わせもしやすいので都内に借りたいという要望も多いでしょう。

2021年末現在の都内のワンルーム家賃平均相場は以下表ですが10万円前後する事が多いので負担が高めです。利便性・仕事を得る機会を考えると魅力満載ですが家賃が高いので悩んでいる人が多いのも事実です。

 

新宿区10万円 千代田区11万円 豊島区9万円
中野区9万円 目黒区11万円 台東区10万円
文京区9万円 港区12万円 北区8万円
調布市7万円 練馬区7万円 杉並区8万円
大田区8万円 荒川区8万円 足立区7万円

 

家賃の値段は相場から変動する【価格変動の要素】

激安の部屋を借りる

 

ワンルームを借りる時も2Kや3Kを借りる時も特に都内だと電車を使う事がメインに考えられています。地方だと電車が近くに無かったりしてバス・自家用車を移動手段に使う事も多いですが、都内だと電車が細かく通っているので車とか自転車移動のほうが便利な事も多いので、駅に近いほど人気となっていて家賃も高くなる傾向にあります。

あとは部屋の築年数・広さで家賃が変わります。新築で広めの部屋だと家賃も高く設定されます。ワンルームでも4畳とか6畳の一部屋よりも10畳以上の広いワンルームのほうが高くなります。

なので安いワンルームを探すには駅から出来るだけ離れて、狭い部屋を選ぶと安い物件が見つかる事があります。

 

パソコンが置けて快適な環境なら在宅勤務には問題ない!?

激安の家賃に住む

 

在宅で使ったり仕事中心、都内勤務、都内でレンタルオフィスを活用しながら自宅では寝るだけとかの使い方をしてお金を稼ぐ人も多いですが、部屋を使う目的が在宅だけとか寝るだけならそれほど広い部屋は必要無い事が多いので、安い家賃の部屋は見つかりやすいです。

安い家賃のワンルームは防音に関して劣っている事もありますが、仕事中はイヤホンをしている(ノイズキャンセリング付きなら気にならない)人も多いので一般的に高くなる傾向を避けたら安く住める事も多いです。

パソコンを置いて仕事をするのに必要なスペースはパソコンデスクとチェアを設置しても1~2畳あれば最低限のスペースは確保できるので、必要無い広さを求める必要は無いかもしれないですね。

 

経費を下げてたくさん利益を取る為に家賃3万円台を探す

家賃を下げるには

 

快適に・豪華な部屋に住んで過ごす目的よりも経費を下げて出来るだけ稼ぐための部屋探しの場合、家賃は無駄な経費と言えます。そうなると出来るだけ出費を下げて快適な部屋を探せたら良いですね。

最近では保証金や敷金はゼロという一般物件もありますが地方では普及しつつあっても都内ではあまり無いのが現状です。

都内は出入りが激しく人気なので敷金が高くても入居者があるのでまだゼロ敷金は一般的ではないですね。なので最初に入居する時に家賃が10万円でも敷金や保証金等を含めたら20万円~50万円必要になります。結構厳しい出費です。

 

激安快適シェアドアパートマンションを活用する

シェアハウス

©クロスハウス

 

都内で安く部屋を借りて住むのに流行したのが「シェアハウス」ですがこれは部屋と部屋が実質繋がっていてプライバシーの問題とか、知らない人と同じ屋根の下で住んでいて顔を合せる機会が多くて、人付き合いが苦手、人と会いたくない時には不満感が高かったですね。

もっと綺麗な部屋を安く快適に過ごせて、プライバシーも確保出来る方法は無いか?と進化したのがシェアアパートメントです。

綺麗な部屋で通常のワンルームと同じ快適な部屋。シェアな部分は何かというとキッチン・シャワー・トイレ・洗濯機等の部分だけ。なので使わないなら普通のワンルームと同じ快適な部屋が月3万円、保証金も敷金も無く入居出来る新発想のシステムがあります。

 

家賃は3万円からで初期費用3万円のみ。通常より55万円以上トクする

シェアパートメント

©クロスハウス

シェアハウス

©クロスハウス

 

都内で部屋を探すのに保証金・礼金や敷金も全く不要なので、激安家賃だけあれば入居できるので最近非常に注目されているサービスです。家具付き、Wi-Fiも使えるので仕事用としても使いやすい賃貸サービスです。

新宿・渋谷・池袋・品川・上野から20分圏内に300物件、3500室以上を用意しているので、好みの部屋の形式・部屋のスタイルを選べるのも魅力です。

月に3万円だとホテルで数日宿泊する程度の料金で住めるので経済的ですね。物件間の移動も出来るので住んでみて気に入らないとか、仕事の都合で引っ越したい時もスムーズに移動出来ます。

荷物を大量にため込んで引っ越しのたびに疲労したり、お金をたくさん使うという事が無いので経済的です。しかも探す事から契約・入居・退去まで全部ホームページ上で完了します。画期的ですね。スマホだけで全て完結するので便利で無駄な来店が不要なので人気です。

都内月3万円WEBで全部完結は以下「シェアアパートメントサービス」

都内に3万円で住める【シェアドアパートメント】

シェアハウスより自由・安くて綺麗な部屋に住めるサービス【シェアドアパートメント】を使えば毎月高額な家賃と保証金に悩まずに都内で住めます。副業・収入アップの為に都内で活動したいけれど、毎月の家賃が高すぎるから諦めていた人、これからスタートするのにお金が不安な人にも活用されています。

 

家賃を下げて貯蓄・生活資金を増やそう

 

家賃を考える時の比率はどのくらい?収入に対して無理な支払額だと家賃は大きく生活を圧迫しはじめます。特にまだ収入が多くない時期は毎月必ず必要な出費は低く設定するのが鉄則です。特に毎月絶対必要な家賃・ガス代・電気代・Wi-Fiやスマホ等の通信費は必ず支払いが来るものなので高いと生活費が圧迫されます。

副業をして、本業で働いてせっかく稼いでも毎月の支払いが多すぎたら貯蓄にも回せません。家賃は収入に対して3割と言われるので月の手取りが20万円なら6万円までというのが基本ですが、収入が高い人ほど家賃の割合が下がっていく傾向にはあります。手取りが20万円以下だと家賃が3割でも厳しいですよね。

なので出来るだけ物件を探すときは手取りに対しての比率を下げておくのが良いです。

 

いま他の人が読んでいるページ