上手に借りて上手に返す

生活費が足りない・お金が足りない時の借り入れ

 

長い人生の間には真面目にやっていてもお金が足りない、生活費が足りないという状況が起こる事があります。幸運にも収入が多くて、貯金もあればこうした危機は少ないですが、常に順風満帆でない事もありますよね。

そんな時に他の人はどうやって危機を回避しているのか、自分でお金を用意するにはどうしたらよいのか、借りたとして上手に返すにはどうしたら良いのかを解説します。

 

生活費が足りない時にお金を借りる前に出来る事

換金できるものは換金

 

お金を借りる前に他に出来る事があれば行ったほうが良いですよね。急ぎで現金が必要な状況でなければ、換金できるものは換金して足りるならそれで済みます。

副業や本業以外での収入を得るのは将来的な収入になるので、短期で現金化出来る事に関して考えてみましょう。

 

  • 身の回りの所有物の売却
  • 保有している不動産などの活用
  • 持っているスキルの現金化
  • 電子マネーを上手に活用

 

全部やってみてまだ足りないなら現金借り入れ

 

身の回りに家電、趣味のもの、子供がいれば子供が使わなくなった電子機器などをYahoo!オークションや、メルカリで売却する事で現金化する事ができるので、まずは不要物を売却するだけで不足分を補える事があります。

著者は過去に給料日までに10万円必要になった時に、趣味で持っていた釣り竿やギター、ベースを売却した事がありますが、マニア受けするものは定価の5割以上の値段が付くものもありました。

実店舗にある中古品売却の専門店に持ち込んで売却するよりもネットのオークション経由のほうが価格が高くなる事もあります。中古品の買取店は一律買取価格なので確実に売れる利点がありますが、オークション形式のような価格上昇はあまり期待できません。逆にオークションは入札が無いという可能性もあるので、利点欠点があります。

保有している空き地、ガレージに空きがあるならレンタルガレージとして貸し出すといった方法も考えられます。WEBスキルがあればネットのクラウドワークサイトで仕事を受注するという事も。これらは即効性に欠けるので至急お金が必要な場合は向きませんが、副業として考えておくと良いですね。

現金でなくとも日用品を買うお金が足りないなら電子マネーの活用も有効です。d払い、AUペイといったキャリア決済の他、バンドルカード、PayPay、ファミペイの後払い機能も該当するなら活用できます。

 

現金の借り入れは銀行系カードローンか消費者金融系か

銀行系カードローンか消費者金融系か

 

お金を借りる時、損をするかしないか、速攻で借りられるかなど色々考えますよね。何より借りて大丈夫なのかどうかも気になるかもしれません。現時点で急ぎでお金を借りるには、銀行系と消費者金融系が現実的です。

どちらも金融業法や銀行法に沿った真面目な企業で借りるなら問題ありません。法外な利子を請求してくる未登録の闇金に借りたりしなければ、お金を借りても上手に返せば大丈夫です。

 

注意してほしいのが金融業者として未登録の場合

 

銀行の場合、存在している時点で問題ないですが、金融会社の場合許可制となっているので、利用する前にホームページ内に、所在の都道府県からの許可番号を掲載しているかどうかを確認してください。

東京都知事(1)第123456789号といった都道府県後に記載されている番号です。これは正規の金融業に与えられたものなので、気になる方はネット上でも間違いないのか確認も出来るのでチェックしましょう。

 

銀行のカードローンと消費者金融のカードローン

銀行のカードローンと消費者金融のカードローン

 

銀行のカードローンが増えましたが、銀行のカードローンと消費者金融のカードローンは全く違うものとは言い切れなくなっています。銀行のカードローンは銀行単独がすべてをまかなっている事は無く、第三者の保証を受けて提供しています。

銀行のカードローンの詳細ページには、提供するカードローンの提供者は銀行ですが、保証(審査と事故時の弁済保証)するのは大手消費者金融という形式が多くみられます。

銀行からお金を借りているように見えても、消費者金融との関りが深い銀行が多いのを念頭に入れておけば銀行カードローンの事が理解しやすいでしょう。

 

銀行カードローンの特徴
金利が15%前後平均が多い(貸し付け1万円~50万円)。消費者金融単独から借りた場合より年利が数パーセント安く設定されているカードローンが多いです。審査は保証している消費者金融が行う事が多く、その後銀行でも審査を行うW審査が多くなります。そのため審査に時間を要する事もあります。銀行カードローンも消費者金融と関係は深いと言えます。
消費者金融のカードローンの特徴
消費者金融の単独でのカードローンの場合、自社のみで審査から貸し付けまで行う事が多いので、数分~1時間以内で審査が完了する事もあります。即日で送金できる事もあるので、単独で即座に審査をして、貸し付けて大丈夫かどうかの判断ノウハウを持っています。借りられる金額は個人ごとに異なりますが、銀行が関与していないので早くお金を借りる事が出来ます。年利が15%~20%の範囲の事が多いので年利は少し銀行より高めです。しかし法令で最高20%以下となっているので、それ以上で営業している会社はありません。

 

急ぎなら消費者金融・審査に自信があるなら銀行系

 

銀行系のカードローンも消費者金融が関わっている(例外として関連保証会社の事も)ので、銀行系と消費者金融系どちらでも、近い内容なので好きなほうを選べば良いのですが、目的が「急ぎ」の場合は消費者金融に申し込むほうが実現しやすいです。

更に審査に関して、銀行系も消費者金融保証会社が代行していることも多いので基準は余り違いは無く、銀行が最終的に審査するので、二重審査のせいで落ちやすいという印象を受けるかもしれず、消費者金融のほうが審査は銀行系より優しい印象はあります。

必ず審査に通過するわけではなく基準以下ならどちらでも同じですが、比較した時には消費者金融が審査に関しては有利です。更に大手消費者金融との競争に勝つために、出来るだけ審査通過させようとする考えが中小消費者金融にあるケースもあって、大手消費者金融に落ちた方も、お気軽にお申込みくださいと明記している会社もあります。

 

消費者金融・銀行で上手に借りる極意とは

審査の内容はどこも公開していない

 

まず、重要なポイントとして絶対に審査に落ちたり、絶対に受かるという基準は全然ながらどこにも情報はありません。なぜなら審査の内容はどこも公開していないためです。

自己破産経験者でも審査通過する消費者金融も(自己破産終了ご5年以内でも)あります。ポイントは誰にでも貸しているのではなく独自審査をしている点です。

 

独自審査というのはどういうもの?

 

ここでいう独自審査というのは自己破産をしていても誰でも審査を通過させる「審査が甘い」という事ではありません。自己破産を経験した後で、全く社会的に復活していないケースもあるし、完全に回復して問題ない状況のケースもあるでしょう。

この部分の判断が正しく出来る審査という意味です。なので直近数ヶ月~数年の間を確認して、収入も仕事も問題ないと判断するノウハウを持っているという事になります。

自己破産や債務整理、過去に延滞などのブラック経験がある申し込みに対して絶対に5年以上(信用情報機関に登録される期間)は審査落ちにするという会社と、そうでない会社が混在しています。

銀行系はこの部分に厳しく、大手も基本的には同じレベル、中小消費者金融に自己破産などの金融ブラックの整理後の最終日から1年以上程度で審査通過できる可能性があります。大手消費者金融や銀行系の場合この点は厳しいので審査落ちは多いものです。

 

優良消費者金融・事業借り入れ会社抜粋

 

個人向けカードローン・振り込みローン

即日振込キャッシングのいつも

©いつも

 

キャッシング専門の「いつも」の細やかな対応は人気となっていて、審査基準を独自に設定しているので、他社で借り入れがあっても、自己破産経験、過去の金融履歴で大丈夫かな?と不安があっても、現状安定した収入があるかどうかを重視してくれる点が特徴です。金利面でも審査スピードもフリーローン専門ならではの対応をしています。借り入れ希望額の要望、利息の日割り計算なども返済に関して出来るだけ無駄のないように配慮されている点も高得点です。全国対応しています。
アルコシステムキャッシング

©アルコシステム

アルコシステムは地元で長年真面目に運営してきた老舗の消費者金融で全国対応です。1983年創業。年利15%~20%で最高50万円まで融資になります。ホームページから24時間申し込みを受け付けています。アルコシステムは貸金業登録をしている正規業者(兵庫県中播磨県民センター長(13)第50158号)で、日本貸金業協会会員でもあります。審査に不安がある人でも独自審査を行ってくれるので、直近の安定した収入があれば申し込みできるのも魅力です。
ハローハッピーキャッシング

©ハローハッピー

ハローハッピーキャッシングはホームページからの申し込み、電話、FAXに対応しているので自分の都合の良い方法で申し込めるのが特徴で、審査面でも過去に金融事故があるとか、数年前に自己破産したとかの不安面があっても、直近の安定収入を見てくれるので、審査面で大手で審査落ちしても試したい消費者金融の一つ。審査が甘いとかではなく、直近の収入状況や申込者の今を見てくれます。他社借り入れがあっても問題なく、総量規制以内であれば審査申し込み受け付けています。個人名での確認、専業主婦やパートアルバイトでも、一定収入があれば申し込みができます。

女性向け・女性が借りやすい

マイレディスキャッシング

©マイレディスキャッシング

女性専用のサービスを使う利点は多く、対応するスタッフが親切で女性の不安な気持ちをカバーしてくれたり、相談に親身になってくれたりもその一つ。金利面でもマイレディスは、4.8%~最高でも18%となっていて、最大100万円まで対応しています。女性が安心して借りられて上手に返せるように考えられているので女性スタッフが対応していたり、女性に多いパートやアルバイトでも問題なく申し込みできるようになっています。創業して41年を超える安心感、即日振込対応でスピード感もあります。

 

首都圏で複数借り入れを1本化に強い会社

首都圏キャッシングサービス

©首都圏キャッシングサービス

複数の借り入れを1本化したい時には上限が高く、年利も有利、そして何より専門としての実績が多い会社を使いたいですね。首都圏キャッシングサービスでは「東京都」「千葉県」「埼玉県」「神奈川県」のエリアに絞って対応することで、素早い審査と素早いまとめローンの提供を実現しています。最高2000万円までなので複数借り入れも余裕を持ってまとめられます。

事業用資金で実績の高い会社

事業資金エージェント

©事業資金エージェント

ファクタリングの事業資金エージェント。ファクタリングは銀行でも参入しているのでかなりメジャー化してきましたが、ファクタリング専門店だと、スピードが早いので月末まで、来月までに売掛の現金化にピッタリ。融資をするのにも時間がかかるので、事業資金を素早く捻出するのに最適な場合があります。借金じゃない資金調達としてファクタリングは選択肢の一つです。更に売掛先倒産があっても返済しなくて良いのでリスクヘッジ効果も。事業資金エージェントの場合、100万円以下でも対応していて20万円で95%買取実績を持っています。最短3時間500万円対応も急ぎの時に使えます。
アイフルビジネスローン

©アイフルビジネスローン

アイフルのビジネスローンなので金利面でも待遇面でも信頼性が高めのアイフル系の事業用資金融資です。ホームページには5秒スピード診断があるので審査前にチェックする事が出来る点も安心。事業性資金を急ぎで欲しい、金利は出来るだけ低いほうが良いなら大手消費者金融系の事業ローンは有利です。アイフル系なので利便性も高くセブンイレブンATMやアイフルATMでの出金、返済入金に対応しているので、24時間利便性に優れています。最低金利3.1%なので高額融資も視野に入ります。

 

上手に借りて上手に返して生活安定を実現

上手に借りて上手に返す

 

銀行カードローン、消費者ローンの借り入れは銀行の場合、少し審査に時間がかかりますが、消費者金融は即日から借り入れできます。時間と、審査に自信があれば金利面で有利なので銀行を試してみて、スピード感、審査面でスムーズに進めるなら消費者金融から借り入れが望みに近い借り入れが出来るでしょう。

 

ポイントは生活が安定しているうちに借りて返す

 

銀行カードローンも、消費者金融も審査をする時には返済が可能かどうかを審査します。なので生活が安定していて、収入が安定しているほうが審査にスムーズに合格することになるので、切羽詰まってしまって収入が無いとか不安定だと不利になります。

早い段階で前もって余裕をもって借り入れておいて、じっくり計画的に返済するのが上手な借り方と言えます。

 

 

いま他の人が読んでいるページ