使える時間別の稼げる副業とアナタに合った副業を教えます

副業はキッチリ稼げないと時間の無駄でしかない

 

副業の目的は本業の収入を補うのが最も多いはずです。副業の収入が本業を上回って、本業をやめて副業を本業にしてしまったという事もありますが本来は本業の邪魔にならず、本業で足りない収入をプラスできたら良いですよね。

なのに副業をしてもぜんぜん稼げないとか、足りなかったら時間は消費するけれど疲れるばかりで本業にも身が入らないといった本末転倒な結果になってしまいます。せっかく副業をして充実した人生を得たいと思っているのに実現しないばかりか無駄に時間と労力を消費してしまったら、ガッカリしますよね。

ここでは失敗しない副業を実現するのにどうすれば良いかを解説していきますので参考にしてみてください。同時に副業に役立つ情報も紹介するので活用してください。

 

副業によって消費する時間、準備する時間が違ってきます

副業をスムーズに成功する秘訣

 

既にスキルを持っているなら準備期間は短くて済みますが、スキルが無い事をしようとすれば当然準備期間が出来ます。いわゆる無駄なお金にならない時間です。

副業をスムーズに成功する秘訣は、無駄な時間をいかに少なくするかにかかっています。準備期間が長くなったとしても後で十分なリターンが確約できるならそれで良いですよね。

最悪なパターンは時間と労力とお金を浪費したのに何の収入にも繋がらないというもの。これだけは避けないと有限な人生も無駄になるかもしれません。事前リサーチと計画がとっても大事ってことです。

 

今現在どういう考えとスキルを持っているかを自己診断

 

副業でお金を稼ごうとすると能力や得意な事に個人差があるので、自分に合った選択をしたほうが現実にお金を早く確実に稼ぐ事ができます。まずは稼ぐ金額と自分の技術はどうかを診断してみましょう。

 

どのくらいの収入が欲しい?
  • 月額5万円程度のお小遣いを稼ぎたい
  • 月額10万円以上の収入を得たい
  • 本業以上の稼ぎを実現してみたい
今どんな技術を持っている?
  • 事務などの実労働をしている
  • ネットにあまり詳しくない
  • WEB関係の知識を持っている

 

ネットを介した副業なのか、実労働の副業かを選ぼう

実労働の副業

 

ここでは初心者でも自分の方向性を考えられるように、WEB系を全く経験していない読者さんを含めて解説をします。というのも副業はネットを使ってデスクワークで稼ぐ方法と、外に出て行って身体を使って稼ぐ方法が混在しているので、自分が出来る事を見つけたら副業で収入を得る方法が多くあるのです。

 

ネットは絶対無理、面倒、机に座っていられないなら

 

前提として副業の中でかなりの数を占めるのがパソコンを使ったりスマホを活用しての稼ぎ方になりますが、全てがそうではありません。元々スマホを使うのも苦手という方もいるはずなので、そういう方はデスクワークを無理に選ぶのではなく、実労働での副業をしたほうが精神面を含めて良いと思います。

ただ、ネットは嫌いとか苦手だけど将来的にはやってみたいなら、実労働をしながら空いた時間(寝る前の10分でも良い)に勉強をして準備していく事で次第に技術が付く事もあるので決めつけないで行動すれば良いだけです。生理的に無理ならネットを使った副業は選択肢から外せば良いです。

 

月に5万円以下の副業なら選択肢が凄く多い

副業で稼ぎたい金額

 

副業で稼ぎたい金額で最も多いとされるのが5万円~10万円以下のレンジと言われています。本業で足りない分を補えたら良いなあって考えている人が多いでしょうね。この副業収入のレンジなら誰でも頑張れば稼げる可能性が高いので、期待が持てます。

 

①ネット関連の仕事を自宅でする方法

 

5万円~10万円を毎月稼ぐのにお奨めの1番目はネットを介して仕事をして稼ぐ方法です。安全で確実な収入に繋ぐには、巷で溢れている情報商材を使ったりするのではなく自宅で実務を空き時間にやって稼ぐ事が最適です。やったらやっただけ稼げるのと、仕事をやってお金を得たという満足感も味わえるので日々の充実にも繋がるはずです。

 

具体的にはこんな仕事がありますよ
  • グラフィックデザインをして収入を得る
  • ホームページを制作して収入を得る
  • テレアポなど企業の代行をして収入にする
  • 文字を書いて収入を得る
  • 誰かの相談に乗って報酬をもらう
  • 本業のスキルを使ってネットで働く

 

ネットを介して仕事をするのに堅実なのが仕事を受けて納品するスタイルの副業です。実務なので作業をする時間のスケジュールを自分で計画できて、終わって納品したら先に決めた金額がきちんと入金されてくるので無理なく無駄な労力も発生しないので、副業として自宅完結型ならこうした仕事を選んだら、生活を見出す事無く現実化できるでしょう。

 

実務のスキルが無くたって学べば問題無い

 

私にはスキルも無いし経験も無いからこの方法は絶望的と考えてしまう方もいるでしょう。ネットがこれだけ普及して副業でも活用する時代なので、サポートをしているサービスも増加しているので諦める事はありません。

例えばゼロから学べるネットスキルサービスを使うと自分が求める技術を空いた時間で手に入れる事もできます。ネット検索をして独自に学ぶ事もできますよ。自分で検索して学ぶ方法と、有料で安いサービスを使うのと違いは時間の有効活用でしょう。

自分で独学でやると無料で知識が得られる事も多いのでお金はかかりませんよね。なのでお金は1円も払いたくないし、払えないっていう時には自分で独学が最も優れています。

反面、とっても時間がかかる事が多いのと分からない事だらけで分からない事をまた調べての繰り返しをしているうちに、やる気が無くなってきてやめてしまうという悪循環も生まれやすいので強い意志と努力をしないと壁は厚いです。

 

女性が副業スキルを学びやすいWEBスクール【SHElikes】

副業に必要なスキルを学ぶサービスの紹介をしています。

©SHElikes

 

数多くのWEBスキルを学ぶスクールの中で特に女性に人気なのがSHElikersです。AKB48 の元メンバー峯岸みなみさんで有名なスクールなので馴染みのある方もあるでしょう。

副業で必要なスキルを多く学べるのと初心者、未経験向けになっているので短時間で優れたカリキュラムが特徴になっています。学ぶ時間が必要だと感じるなら独学か、有料カリキュラムかの二択になってきますが、少しお金を出して学ぶなら出来るだけ短期に、そして理解しやすいものを使うほうが効率的ですね。

 

峯岸みなみさんで有名なネット学習サービスの紹介です

©SHElikes

 

無料体験レッスンも開催しているので公式サイトから申し込みをして試しに覗いてみると使いやすさを感じるでしょう。体験をして自分には向いていないと思えばやめておき、興味を持ったらさっそく学習してみましょう。独学だと結局は無駄な時間を使ってしまったという方も多いので、プロに聞くのが結果的に早かったと感じるかもしれません。

 

SHElikes公式サイトこちらです▼

 

独学でWEB系のスキルを付ける方法のヒント

独学のデメリット

 

ネット上のスキル学習は使えないんだという方には独学をお奨めします。決して自分一人で出来ない事はないのです。前記と重複するかもしれないですが、独学の利点はお金がかからないことと自分の好き勝手に計画して学べる事です。欠点は無料で好きなようにやれる反面、何を調べたら良いのかわからなかったり途中でやめてしまう事です。

 

独学のデメリットは途中でやめる+必要なスキルが分かりにくい

 

学習をしてスキルを付ける目的は何でしょうか?それは仕事をこなしてお金に換える事ですよね。ということは多くの知識を独学で付けて行ったり、メモしていっても、仕事として発注された事が処理できないんだったら意味が無いと言えます。

独学の良くない点の最も大きな所はここなのです。なので独学でスキルを付けるなら逆算して計画していってください。例えば記事を書いて稼ぎたいと思ったら「WEBライター」に関する情報を探して学びます。

例えばホームページのバナーとかSNSのサムネイル、YouTubeのサムネイルを作って稼ぎたいんだったら「WEBバナー制作」とか「サムネイル制作」を調べて学習する必要があります。

 

自分が稼ぎたいジャンルのスキルがあったら他は必要ないのです

初心者が独学で学ぶときに失敗をする典型

 

初心者が独学で学ぶときに失敗をする典型は無駄な情報を必死で調べている間に、本当に必要なスキルの情報以外のものを学んでしまって時間を無駄にして、情報量の多さから疲れて飽きて脱落していくというパターンなのです。

過去に経験がある方もいませんか?「あるある!」と感じた方もいるかもしれませんね。副業で独学スキルを付けて稼ごうとするなら、自分が稼ごうとするジャンルの専門家になる事が最も大事でお金に繋がります。何でも知っているけど何も出来ないではお金にならないのです。ここは注意して独学をしましょう。

 

その仕事の専門家になったらリピーターもつくようになります

 

月額5万円と言わず10万円以上を稼いでいる副業マスターの多くは、ライター、デザイナー、エンジニアなどの専門家となっていて多くの案件を処理した経験を持っている方が多いのが特徴です。

クラウドワークス、ココナラ、ママワークスといった仕事を取ってくるサイトでも同じ事をひたすら繰り返して高い評価を多く取っている人が継続して注文を取っている様子が伺えるのです。

 

▼仕事受注サイト公式サイトこちら▼

 

クラウドワークス、ココナラで仕事を依頼するのに大きな要素となるのが過去の案件処理数です。なので過去に0件しかやったことがない人よりも過去に100件の仕事を納品している人のほうが選びやすいですよね。

そう考えたら1つの事を極めて、プロだと言われるほどになったら副業として最高する可能性が高いと言えるのです。今求められるのは何でも知っているけれど何をやっても中途半端よりも、1つの事をやらせたらプロだと言われる人材のほうが求められます。この辺りを考慮して学ぶようにすれば成功率は上がるはずなのです。

 

WEB知識があるなら副業守備範囲は広がります

専門的な知識に長けているなら

 

専門的な知識に長けているなら(システムエンジニア、コーダーなど)恐らく既に自分でクラウドワークスをはじめとしたクラウド系のサービスを活用しているでしょう。

そうでない少し知識がある程度で困っているとしても役立つスキルはあります。例えばWordpressのアップロードやカスタマイズ経験があるとか、過去にサイトを運営していて(失敗したとしても)少しは経験があるとかだと十分受注できるカテゴリーが存在します。

 

持っているスキルを活かせる
  • ワードプレス使用のサポート
  • サーバーやドメインの代行
  • バナー類の制作
  • テーマカスタマイズ
  • 記事更新サポート
  • その他WEB関係

 

初心者でWordpressの独自ドメイン取得、設定、インストールの時点で迷っているとか困っているというニーズもあるので、クラウド受注サイトでこういった要望に応えて報酬を得る事も考えられます。

最初は持っているスキルを活かして出来る事をしながら、他の事も出来るように学んでいけば幅も広がっていくでしょう。経験があって自分では当たり前だと思っていても、困っている人からすると助けを求めている事もあるのです。

 

ネットが苦手スマホもパソコンも嫌いでも副業できる

副業といえば実労働

 

昔ならネットも無かったのが当たり前だったので副業といえば実労働ばかりでしたよね。ネットと関係ない次元でそうした仕事は今でも健在なので、ネットを苦手とするなら積極的に外に出ていく事で解決します。

お奨めの副業はアルバイトですが、アルバイトだと時間的な制約は絶対につきまといます。本業があって副業するのだから本業に影響してしまったら体調を崩したりストレスになってしまいます。

 

時給だけでアルバイトを決めたら後悔しやすいです

 

過去の多くのアルバイト経験者を見ると時給の魅力によって夜間の飲食店、肉体労働現場仕事をしていたら事故にあったとか、身体がついていかなかったとか、睡眠不足で精神的に支障がでてきて結局やめたという話が見られます。

実務のアルバイトでは時給上限が決まっているので、時間に対して対価を決められています。欲しい副業収入を得ようと思えば逆算して時給が低いと長い時間働こうとするので、高い時給で短い時間集中しようと考えるのは自然なのですが高い時給には理由があるので、過去に経験が無いなら考え直してまずは身体を慣らしてからのほうが良さそうです。

 

初めてのバイトに向いている仕事
  • コンビニのスタッフ
  • チェーン店居酒屋
  • 清掃・クリーニング
  • ファミレスのスタッフ
  • スーパー総菜スタッフ
  • 書店・文具店スタッフ
  • 宅配会社の仕分けスタッフ
  • 警備スタッフ
  • レンタルDVDスタッフ

 

居酒屋だと夕方から深夜、コンビニだと深夜は時給が上がりますが平均してこれらのアルバイトは時給が高額な部類ではありません。その分、経験が無くても覚えやすい点が共通しています。

夜間飲食では大手チェーン店居酒屋は比較的多くのスタッフがいてマニュアルも揃っているので、初めてでも働きやすい傾向ですが個人店だと店主によっては難しい面もあるのでチェーン店から始めると良いかもしれません。

コンビニも楽な仕事では無いですが一定のマニュアルがある点で覚えやすいです。書店、レンタル店とかも時給は高くないですが、接客の中では比較的もくもくと作業できたり、自分の趣味を活かせる分野なので苦痛が少ないといわれています。副業なので安定して長く出来るということを重視したいですね。

 

いま他の人が読んでいるページ