コロナ生活困窮者自立支援金

コロナ生活困窮者自立支援金を実際に申請した解説

 

今回の申請実践レポはWEB系フリーランスH君
元々はWEB系のデザインを個人で請け負いで生活していたH君。コロナ前は飲食関係・特に飲み屋さんや広間のカフェ等のチラシデザインやWEBの基本デザインをしていたものの、ここ1年~2年は一気に注文が減ってしまい特に2021年は収入がゼロの月も出始めて生活困窮に陥る結果に・・・・。そんなH君が申請をしたとのことでレポをお願いしました。レポをもとにして短くまとめ解説します。(申請時期の時点の情報なので最新情報は関係機関に確認下さい)

 

今回の給付金は限られた人対象で単身だと6万円の給付

コロナ生活困窮者自立支援金

 

金額は以下になっています。本当に困窮していて生活が一時的に厳しい状況になった世帯に対して出してくれる給付金です。対象となるのは、総合支援金を最終まで借り切った人、審査などで支給されなかった人が対象です。支給決定及び第1回目の支給は、総合支援金を借り入れた最終月が10月の人は11月以降に、11月だった人は12月以降に行われるという説明があります。

 

  • 単身世帯6万円
  • 2名世帯8万円
  • 3名以上10万円

 

借り入れであった総合支援金は15万円以上を月に支給されましたが今回は単身世帯は6万円のみなので、H君は独身で単身で住んでいるので6万円が上限です。6万円支給の為に申請をした準備の様子は以下です。

 

持っている銀行口座の情報を過去最低3ヶ月全て提出

コロナ生活困窮者自立支援金

 

現在の資産が100万円以下である事を証明しなければなりません。なので持っている銀行口座のお金の情報を全て提出するように求められています。H君はネットバンクを1口座しか持っていなかったので、ネットバンクの過去3ヶ月の入出金ページを開いて印刷して用意しました。

通帳のコピーが必要で口座情報(本人名義であるかどうかなど)を証明しなければなりませんがネットバンクで通帳が無かった為、ネットバンクのページにログインしてページをまるごとキャプチャして印刷して提出しました。

 

自営・フリー・その他事業の人は売り上げ証明を提出

コロナ生活困窮者自立支援金

 

今回の給付は事業資金ではなく生活資金です。しかし会社員や無職の人ばかりが対象ではなくフリーランス、自営の人も生活困窮となっていると対象ですが、自営の場合には事業収入が無い、規定以内の収入しかない事を証明しなければなりません。なので事業収入がわかる資料を提出します。

H君の場合、担当者様に詳しく聞いて事業取引をした内容を過去数ヶ月全て提出して証明する事を求められています、結果的に取引をしているサイトや業者との全てを提出。売り上げ収入が直近でゼロだったのでそれを証明しました。

親族からの助け、養育費がある時は全て見せる必要があるのでもしあれば全部出す事が必要です。困窮世帯となっているはずなので全部出しても規定内に収まるのであれば給付対象です。給付対象外は生活保護受給しているとか、規定収入より多いとか、預金がある場合です。

 

本人確認をするコピーの提出

 

運転免許証・マイナンバーカードなどどれか提出するものを選んで1つ提出しなければなりません。E君はマイナンバーカードを保有していたのでマイナンバーカードをスマホで撮影してそれを印刷して同封しました。

 

ハローワークの受付表のコピーの添付が必要

コロナ生活困窮者自立支援金

 

ハローワークで発行される受付表を添付する必要があります。地元のハローワークに出向いて登録をしてから求職をする意思と示して求職活動をする為です。E君はハローワークの運営している求人情報を見られるサイトで、仮登録をしてから近くのハローワークに出向きました。

厚生労働省のほうで解説があるので、それを見ると先にハローワークのホームページから求人仮登録をしてから発行される求職番号をスマホに保存してからハローワークに行くと早く受付表が発行されたそうです。発行までに10分かからなかったそうなので先に仮登録をしてからのほうが効率的のようです。厚生労働省が公開してくれている申請の手引きに詳細アクセス先あります→こちらのPDFに詳しく書かれています(2021年12月現時点データ)

仮登録の段階でE君はスマホでQRコードを読み込んで進んだとの事ですがかなり記入項目があって、入力する時にエラーになりがちとの事。結構時間を取るようなので余裕のある時にやったほうがイライラしなくて済みそうです。面倒な場合には直接ハローワークに行って申請を書いたほうが良いカモ・・・との事です。一応スマホから仮登録まで完結します。

 

メインの申請用紙は2枚。署名のみでほぼ完了。

コロナ生活困窮者自立支援金

 

メインの申請用紙は自治体によって多少変わってくる可能性がありますが基本的に署名と、現在の世帯(住民票上で住所に住んでいる人)の人の預金とか、月の収入を記載する欄を埋める程度で完了です。今回の申請で骨を折るのが、銀行の過去履歴の用意、自営とかの人は自営売り上げ証明添付、ハローワークに出向かないといけない点です。

ハローワークで受付をした証明書をもらってコピーを添付する事が条件になっているので、これは必ず必要になってきます。身体が動かないとか精神的に難しい状態でも添付必須なのでこの部分がハードルが高いケースもありそうです。仮登録をしてから出向くとスムーズなので工夫して頂きたいと思います。

 

専用の封筒に入れて郵送で資料を送って全て終了

コロナ生活困窮者自立支援金

 

E君の場合コピーした資料が結構な量になったので用意された封筒が小さいタイプだったので、大丈夫かな?と思いながらパンパンに丸くなった封筒を投函したらしいですが、自治体によって封筒の大きさが違うのかは未確認です。切手不要の封筒のようなので恐らく大丈夫と思います。

担当者によると投函してから順番に審査をして順番に送金という形だそうですが、年末という事で非常に混みあっているとの情報があり、入金までの日程はハッキリ言えないとの事です。

年末年始に困窮世帯が生きるための生活資金なので年内に送金頂きたいと願うばかりです。(個人的には月に都内で1人といえども世帯が生活維持するのに6万円は厳しいかと思いますが・・・せめて10万円以上・・・貸付時は1人世帯15万円で給付だと6万円とする基準が少し疑問ですが・・・個人的に思うのですが・・・)以上E君のレポをまとめました。

ポイントはハローワークの資料、口座関係の資料、個人事業者は取引先からの収入証明かと思われます。混みあうようなので対象となっていて申請を予定している場合、早めの用意をお勧めします。

 

全国即日・低金利1万円~5000万円審査楽チン
フリーローン1万円から300万円まで即日融資のデイリーキャッシング。ビジネス用に200万円から5000万円、不動産担保は8000万円まで、複数借り入れで返済計画に不安のある方には1本化おまとめローン600万円まで対応できます。金利5%からと低い設定と審査を個人に合わせてしてくれるので審査に不安のある方も、初めての方も気軽に相談する事が出来る人気の会社です。電話・来店・ネットでの審査申し込みが出来るので安心です。

複数借り入れを一気に最適化【U-ファイナンス】

4社から300万円借り入れ→Uファイナンスに1本化で金利12~18%を9.8%年利に実績。複数の高金利での返済は中々元金が減らなくて苦労しますね。更に返済額が複数になると毎月大変です。借入先が2社以上で返済に不安があるならUファイナンスでのまとめ借り換え専門を活用するのも良いでしょう。100万円~700万円まで対応しているので多くの借り入れがある時は力になります。面倒な来店不要スマホで10項目入力で相談可能。

借りやすく返しやすいキャッシングアロー

アプリで全て完結するから安心・審査に不安があっても安心感が高い事前3秒診断があります。郵便物が届かないお約束なので更に安心して利用出来ます。フリープラン・借り換えプランがあるので他社の複数の借り入れを1本かして毎月の負担を減らす事も対応しています。本審査も柔軟対応で45分で完了。即日口座振り込み対応。返済日を5日・10日・15日・20日・25日・末日と細かく選べるので自分の都合に合わせられるのも魅力。

金利4%から+融資審査柔軟+最短融資【事業資金融資MRF】

最短3日でのスピード融資で定評のあるMRFです。相談無料、24時間以内に借り審査が出来るので先に審査をしてから計画する事が出来ます。決算や業績が一時的に落ち込んで審査に不安があっても、業種や業態や決済にとらわれない独自の審査をしてくれるので未来に繋げる事も出来ます。プランナーが多数在籍しているので融資相談が出来ます。金利面も4%からなので返済計画も立てやすい融資です。

不動産担保融資「ユニーファイナンス」最短3日融資

不動産担保での借り入れは融資までの審査が長くなる傾向がありますが最短3日実績があるユニーファイナンスは審査に時間出来るだけ取らないで早急に借り入れたい利用者に支持される融資会社です。審査基準も顧客に寄り添ったもので担保に関してもしっかり見てくれます。融資最大3000万円なので余裕ある資金が必要な時に役立ちます。金利が6%からと良心的な点も魅力となっています。融資相談気軽に行えます。

審査不安解消のクレジットカード【ネクサスカード】

クレジットカードを持ちたいけれど審査が不安という方はこちらのカードを発行してクレジットカードを使いましょう。ネットでの買い物や年齢認証等でもカードが欲しい場面が多いですね。最近増えているデビットカードでは使えないお店もあるので困った経験があるのでは?このクレジットカードはマスターカードを保証金を入れる事で「通常のクレカ」として使えます。信用履歴に左右されない発行と、カードが届いてから入金なのでスムーズです。カード枠5万円~200万円まで対応しています。

審査無し【新設立会社OKガソリンカード】

クレカ審査が厳しいと感じている新会社オーナーを助けるガソリンカードが登場しています。支払いは後払い、カード審査無しなので信用履歴情報不要です。ガソリンを入れる心配から解放してくれるガソリンカードです。

住宅ローンで悩むなら「住宅本舗ローン比較」

住宅ローンで住宅を建てたい・中古物件を買いたい・リフォームしたいなど悩みは尽きません。どうせならワンランク上を買いたいと思う事もあるし、出来るだけ金利を安くしてランクは下げても良いかな?というニーズもあります。自分が想定している金額の支払いでどれくらい借りれるか、返せるかなど疑問を解決する住宅ローンの一括比較を活用して賢く住宅購入。

住宅ローン返済に困ったら無料相談

リースバック・競売回避・売却まで住宅ローンに困ったらプロに相談して最適な結果を探すのが先決です。E.Cエンタープライスはプロのスタッフが多くの案件を解決してきた実績ある相談窓口。売却の場合でもその後のサポートまでしています。住宅ローンで困ったら悩まず相談が先決です。早い段階で適切な対策をするのが大事です。

取引先の支払いまで日数がある時も問題解決

アクセルファクターのサービスを活用すれば、事業者の資金問題がスムーズに解決する事があります。アクセルファクターのファクタリング部門は日本でも有数の優秀売掛代理実績があります。年間3000件年間290億円の実績。取引会社への販売、サービスの売掛金の入金が数週間後、数か月後、未払いで困っている時に資金が足りなくなるのを防ぐにはアクセスファクターに相談すれば売掛金を先払いしてくれます。借り入れでは無く売掛先払いなので資金繰りに役立ちます。

いま他の人が読んでいるページ