副業で稼ぐ。ブログライター体験ってなに?

ブログの記事を書いて副業に繋げるWEBライティング

 

スマホやパソコンを使って文字を書いて、書いた文章を納品して副業にするライターのお仕事。その中でもブログライターは多くの事業者が効率化の為にクラウドワークスなどの仕事依頼サイトでも多く出てきている仕事の一つです。

 

ライティングのスキルは独学で十分磨けます

ライター仕事は稼げるかどうかの解説

 

ライティングで仕事をを覚えて副業にする方法で代表的なのが、独学と学校で習う事です。独学での問題点は自分だけでは限界があるかなという所なのですが、WEB系のお仕事をさせて頂いて15年以上になる私は元は独学でした。

ただ、独学の場合凄く気にしないといけないのが自分のライティングスキルのレベルがどの位なのかというのを客観視できるようになっておかないと、独りよがりな完成品になってしまう点でしょうか。

 

独学でも十分スキルは磨けるけれど先人のスキルから学ぶ必要性

 

個人的に過去に数えきれないブログ記事を担当してきて感じる事は、スキルレベルを把握するためにもスキルが必要だという点です。難しく考えるわけではないですが、要は自分が読者の方にとって読みやすい文章を書いているかどうかというのは、もし自分にその評価が出来ないなら、わからないってことなのです。

ブログライティングとか、サイトのページのライティングは、万人に完璧にウケる文章を書けば良いというわけでもなく、目指しているニーズに刺さるかどうかを重視したりします。

 

ブログライティングは稼げるけれどスキルは必須

ライティングスキルが大事

 

ライティングの仕事はシステムエンジニアとかと比較すれば一般的には報酬は多くは無いですが多い人では年収500万円を超えるライターもいますから、副業として行うには十分ではないでしょうか?

ブログライターに求められるのは前記した通り、読み手に刺さる文章を構築できるかどうか、読者が求めているものを提供できるかどうかなので、極端な事を言えば国語力だと思っています。

小学生レベルの国語と高い伝達スキル、表現スキルです。当然文章によっては小学生レベルの国語ではなく大学レベル以上のスキームを必要とする場面もありますが、何といっても読者の大半はそういう文章を求めていないのです。多くがブログやサイトの趣旨に沿った記事を分かりやすく、素早く理解したいと願っているものです。

 

ライティングの初期だけは早道したほうが良いと思う

 

ライティングは全く未経験だと癖のある文章になりすぎたり、話口調とか堅苦しい書き方とかの違いが中々理解できなかったりして、遠回りになってしまうと感じます。私の場合最初に書いたライティングは商品の解説だったのですが、商品解説は商品に関してひたすら説明するだけの文章になってしまった記憶があります。

単に商品の性能事実だけを並べるのなら誰でも出来ますよね?だけどそれすら理解していなかったせいで、自分が書き下ろした文章の校正すら良く分かってなかった気がするのです。

 

だったら最初からライティング基礎を学んだら良いと思う

ライティングスキルを学ぼう

 

ライティングは作文とは違うので、確実に目的があって書いています。例えば今書いているこのライティングは、ハンドメイドチャンネルさんの、ブログライター講座に関するブログ作家の公募の告知をしたくて書いています。

そうすると単に紹介するよりも、ライティングに関して少し解説してから紹介したほうが分かりやすいですよね?そういう技術を学んだら、基礎スキルが付くので後は自分で仕事を受ける事も出来るようになるというわけです。

 

何にもスキルが無いと自分が苦労してしまいます

 

ライティングスキルが低くても安い単価のお仕事はたくさんあるので、頑張れば受注する事は難しくありません。大体2000~4000文字の受注で1000円~5000円といった幅がありますが数をこなせば結構な副業になるのです。

だけどスキルがあってスラスラと仕事を消化できればの話で、実際の所1本を完成させるのに何日も何週間もかかっていたら稼げないですよね。そういう点では基礎スキルを付けて慣れていくほうが早道だと考えています。

 

ハンドメイドチャンネルでブログ講座とライターの募集

ブログライター募集の解説です

©ハンドメイドチャンネル

 

ブログライター募集+講座を提供しているハンドメイドチャンネルの特徴、優れた点は何といってもライティングスキルを安く付けられる講座を開いている事に尽きます。ライティングを本格的に学ぼうとすれば相当な労力と年間のお金が消えていくものですが、格安の講座代金になっています。

 

講座が分かりやすいだけでなく自社ライターとしての道もある

ライターとして自社契約できる道も用意されています

©ハンドメイドチャンネル

 

ライター講座価格の安さが魅力で1万円から。これなら他の高額な講座や情報テキストを買う必要もないでしょう。講座はオンラインでマンツーマンなので、書籍とか情報商材を買って意味不明な情報の中で悩む事も避けられます

 

講座終了後は自社ブログ担当になるかクラウド受注できる

副業でライターとして稼ぐための講座を解説しています。

©ハンドメイドチャンネル

 

ライティング講座を終えて無事にスキルを近道で手に入れた後は、受講した貴方のセンスによってはハンドメイドチャンネルのブログのライターとして抜擢される可能性もあります。

別に仕事を探さなくて良いので願っても無い事ですよね。講座を高度なテクニックを教えて、自社ブログライターとして採用したいというのは魅力でしょう。ライティングは自宅で出来る仕事なので人気です。SNSや就職でも文章構築スキルはメールのやり取りでも差が出ると言われますから、一度受講しておくのも自分の能力アップのために有効なはずです。

 

▼ブログライター体験公式サイトこちら▼

 

 

ライターとして受講が終わったらクラウド受注も挑戦しませんか

 

ライターとしての一定スキルがついたらせっかくなので副業収入にスキルを活用してみませんか?自宅でいつでも出来るので、クラウドソーシングサイトを活用してライティングの仕事を受けたり、時には自分で何かを気軽に頼む事ができます。

ライティングの出来るライターとなったらクリエイターの仲間入りです。多くのクリエイターが揃っているので参加してみると視野が広がって働き方にも幅が出るはずです。

 

クラウドワークスとココナラは初めての受注に最適な2大サイト

 

私が信頼を置いているクラウドサイトといえばこの2つです。1つ目はクラウドワークス。2つ目はココナラです。ヒヨコライターから、巨匠ではないかと思えるようなプロの新鋭ライターまで毎日活躍しています。

使い方は簡単で無料登録をしたら仕事がたくさん出ているので応募するだけです。何度も仕事を重ねていくと多くの利用者から評価をもらえるのでやりがいにも繋がりますよ!

 

▼クラウドワークス公式サイトこちら▼
▼ココナラ公式サイトこちら▼

 

WEBライティングスキルをつけて副業にしましょう

 

ライティング技術を身に着けると仕事の幅がグンと広がります。アルバイト、パート、社員として就職する際にもライティングに関するスキルを紹介文に書いておくとビジネススキルとして期待してくれる企業もあるほどです。

最近のインターネットの普及でTVからスマホにすっかり主役が移ってきました。そうなるとスマホで毎日ニュースやSNS、ブログやサイトを閲覧していますよね。

そういうサイトの多くはライターによって書かれた文章を掲載しているのです。これからネットがもっともっと普及して進化していっても人々がネットで調べものをしたり、好きな情報を読む時に文章は必ずそこに存在しています。

ネットの文章を書くライターは今後も必要不可欠な仕事なので思い立ったらスキルを付けておくのも良いでしょう。独学で時間をかけてじっくりやるか、プロに基本を講座で教えてもらって飛躍するかは自由なのでチャレンジしてみてはどうでしょう。

 

 

 

いま他の人が読んでいるページ