速攻でアルバイトを決める【面接合格秘訣とサイト解説】

アルバイトをすぐ始めたい時はどうするか

 

どうしてもすぐに働きたい、急に仕事が暇になってアルバイトをしたい、今までやっていたアルバイトをやめたい時、アルバイトを新しく探したいですよね。アルバイトをすぐに始めたいけれどどうすればよいか分からない、面接とかが苦手という方の為にアルバイト経験豊かな著者が、アルバイトを成功させるコツを解説します。

 

まずはアルバイトを探して決めるところから

アルバイトを探し

 

なんでも出来る、どんなバイトだって大丈夫と思ってバイトを始めても途中で嫌になったら最悪ですよね。アルバイトは時給制なので自分のスタイルに合わせて好きに働けるし良いですが時給で計算して収入になるので、今日は行きたくないからと休むと収入が減ります。

どんなバイトにするかを決める時は、それぞれ考えがあって当たり前ですが時給で働くので、休みたくならない仕事(嫌にならない仕事)を選ばないと、早くて一ヶ月くらいで辞めたくなるものです。

 

やりたい、やりたくないより「やれるもの」
憧れの仕事、大嫌いな仕事、個人差があるものですが、バイトの目的を考えたら稼ぐことが第一です。例外として社会勉強をしたいとか、将来の独立の為の勉強というなら問題ないですが、そうでないなら、好きとか嫌いよりも継続して続けられる職種を選ばないと、途中で退職してしまって収入にムラが出来ます。特に初めてのアルバイトだとこの傾向が強いので気を付けて選びましょう。

 

アルバイトを探すにはネット経由が今の基本

アルバイトを探す

 

まずは全国のアルバイトを掲載している優良サイトの登録をして、さっそく仕事をチェックします。ここでの大事な事は前記の通り、給料面ばかり気にしてしまって、自宅から離れすぎていたり、自分には向いていない仕事を選ばない事です。

アルバイトの目的はベースに収入を得る事なので、継続して出来るものを選んでチェックすることが成功確率が上がります。面接や仕事を始めるまで行動しなくてはいけないので、数日したら嫌になるような仕事は選ばず、これならできるというものを選んだほうが良いです。

以下にアルバイトを最短で見つけられる優良サイトを掲載するので登録をしてみましょう。そのあとに解説を読んでみましょう。

 

総合ジャンルアルバイト優良サイト

お祝い金あり無料登録マッハバイト

©マッハバイト

マッハバイトの魅力は全国の短期と中期から長期まで期間と職種から選べる事と祝い金があるので、一時的にお金に困っている時に助かるサービスをしている点です。ホームページも使いやすくまとまっているので、ネットに不慣れでも使いやすいです。閲覧したりするのに必要な会員登録も無料なのでお金がかかりません。早朝に働きたいとか、日払いですぐにお金が欲しいといった自分だけの希望から探せるので、まずはマッハバイトで始めると良いでしょう。
大手求人20サイトから一気に情報収集

©アルバイトEX

アルバイトを探すサイトを何個も見るのは疲れる事がありますよね。だったら大手の求人をまとめて探せるサイト求人アルバイトのEXを登録すれば解決します。バイトルやアスコムといった複数の大手サイトを20もネットワークしているので、アルバイトEXで登録すれば、かなり情報が集まるので仕事が決まりやすいはずです。お祝い金もやっているのでチェックしましょう。

社会貢献と高収益のアルバイト

お薬の治験アルバイトで社会貢献

©JCVN

病気になったり具合が悪いなあという時に飲んでいるお薬は安全性が確認されて、治験をしてから量産するような仕組みになっていますよね。薬は安全なんだけど、一応多くの人にチェックしてもらって問題が無いなら、もっと安心。そのための治験をする仕事があります。アルバイトというよりもボランティアで参加をすることになります。謝礼として3泊4日の入院治験に参加すると、負担軽減費用として¥153000を受け取れます(一例)ので、数日で高額な報酬という点では魅力があります。先生がついていてくれるので安全な環境で行うものなので興味あればホームページを確認しましょう。

都内飲食店専門はペコリッチ最強

都内で飲食店バイトが待っています

©ペコリッチ

東京都内と言えば飲食店の宝庫ですよね。都内で住んでアルバイトをするならまずは飲食店という方も多いです。数が多くて時給も全国ナンバーワンなので、自分が働きたいお店や、お店の雰囲気まで選びやすいですね。ペコリッチは東京飲食店と密に繋がっているので、最新情報も早いし条件も良いものが多いので、東京で飲食関係や接客を探すならペコリッチを使うと最短距離で探せます。お祝い金制度もしっかりあるので活用してほしいです。エリア・駅からも検索できるので便利です。

 

外食産業転職のトップ「itk」

飲食でずっと働くなら転職スキルアップ

©itk Inc.

飲食経験が長くなればなるほど給料や仕事に、もっとやりがいが欲しくなったりしますよね。年収も上げたい、もっと認められたい、将来の独立の為にスキルを磨きたいという事もあるでしょう。そんな時は今の仕事場で我慢しなくても転職をして新しいお店で成長する事を選ぶ人が多いです。民間版のハローワークとも言えるitkの外食産業転職ホームページは無料で登録できて専門なので総合求人より的確に目的を達成する事が最短で出来ると支持されています。

 

バイト面接に絶対受かるにはどうしたらよいのか

バイト面接に絶対受かる

 

バイトを決めて面接が迫ると不安になる事もありますよね。中には全然緊張しないし、簡単だと感じる人もいますが、そういう面接のプロみたいな人はどういう考えで上手に面接をクリアして、採用されているのでしょうか?

面接では面接担当者が対応しますが、多くの面接をする担当者が注視して確認している部分というのはほとんど同じと言われています。面接をする目的は何なのかを知っておけばわかりやすいでしょう。

 

面接をする目的は申込者の「性格」「印象」「適正」を判断

 

求人をする会社やお店は「お金を払って人を雇いたい」という考えが基本、これからアルバイトをする側の思惑とは少し違う事もあります。例えば既にアルバイトが多くいて、速攻で仕事が出来る人が欲しいときには、その点を見ようとするし、これからオープンする時には研修をして育てたいと考える事もあります。

なので面接で面接担当者に対して印象を上手に伝えられるかどうかにかかっています。例えば板前を募集する時は料理経験とかはもちろんですが、身なりがしっかりしているか、怖そうに見えないかといった現場での調和も考慮する事があるので身なりには気を付けます。

ホール係だと、一般的な「明るい」「清潔感がある」「素直」「やる気」というプラス要素を見る事が多いので意識をします。どの業界でも、暗くて清潔感が無くて素直じゃなくてやる気がない人は、好まれませんよね。

 

まずは身なりと話し方を完璧に

面接時に見ているのは髪の毛・服装をはじめとした身なり

 

面接時に見ているのは髪の毛・服装をはじめとした身なりです。人は見た目に全てが出てしまうと言われますが、仕事の場ではここは大事な部分です。髪の毛が金色だったり、ピアス、タトゥーなどファッションであったら問題ないのですが、職場によっては快く思わない現場もあるので、心当たりがあれば面接時は上手に隠す、変えるほうが無難です。

変えたくなければ変えなくて問題ないですが、もしも面接をする会社や店舗に悪印象を持たれるなら対応をしておいたほうが良いです。

話し方、態度をしっかり見ているので質問に関してごまかしたり、面接担当に対して反抗したりといった行動はしないほうが無難です。あくまで仕事をするスタッフとして最適なのかどうかを見ている事を意識すれば、明るく素直に対応するほうが良いのが想像できるでしょう。

稀にルックスを気にしたり、自分のコンプレックスを気にする事もあるかもしれないですが、大きな問題として考えない事が多く、ポイントは受け答えの明瞭さとか、前向きさとか、社会性を見ていることが多いので、面接時は一旦そういった不安は忘れて対応したほうが良いです。面接に受かる確率が高い人はこの辺りを上手にこなしています。

 

聞かれた事に一般的回答をする

 

面接で常に高い確率で合格している人に共通している事があります。それは「余計な事を言っていない」事と、「聞かれた事に対して的確に答えている」点です。

面接者は現場で問題なく活躍するかを見る
面接を担当している担当者はアルバイトを決める時に、埋めたい隙間に出来るだけ合うかどうかを確認しています。この時間に入れるのか、この曜日は入れるかどうかといったシフトに対して有利な人材なのかどうか、受け答えをしている時に、余計な事を言わないか、嘘を付くとか癖が強くないかといった性格の部分をさりげなく観察している事が多いので、余計な自分の主張を繰り返したり、横柄な態度で臨んだりしないで、率直に答えていくほうが好印象を与える事が多いです。面接ではやる気を伝えるのは大事ですが、自己主張をする場ではないので、心当たりがある場合は注意したいところです。

 

履歴書は明暗をわける重要なアイテム?

履歴書

 

履歴書もかなり悩むことがありますよね。これまでの職歴がすごくある場合、全然ない場合。書き方を間違えたら質問攻めにあってしまうのではないか?と不安になるかもしれません。

履歴書に関して担当者がどう考えているのか代表取締役経験、実際の現場で面接を何度も経験した著者が考える履歴書の役割に関して言えば、履歴書は大きな意味を持たない事も多いというのを知ってほしいです。

 

では履歴書を開いて何を見ているか

 

履歴書を開いてみるのは求人に該当しているかどうかです。例えば高校卒業以上の学歴を必要としているなら、高校卒かどうか、高認を取得しているかどうかなどを見ます。

この時点でほとんど履歴書は役割を終えてしまいます。ではなぜ履歴書に細かく書いてもらうかというと、面接は初めて申込者に接する機会で、面接をして採用するかしないかをある程度決めないといけません。

なので、書いてある内容を見て質問していくネタになります。卒業した学校の事を聞くかもしれないし、年齢的に高齢だと体力は大丈夫か?気になるかもしれないし、職歴がすごく多いとか、短期間にものすごい転職しているとかだと、どうしてそうなったか聞けたら聞くとかです。

基本的に過去の事はどうでもよいのですが、あまりに頻繁に転職していたり、無職のまま数年間いたようなケースだと、聞きたくなります。

 

質問に自信をもって答えたら問題なし

質問に自信をもって

 

例えば事情で数年間無職でいたとします。「この6年間お仕事はされていたのですか?」と聞かれたら、「体調が悪く療養していました。現在は完全に大丈夫です」「家庭の事情で介護をしていました」など、何でもよいので納得させてくれたら問題ないです。

つまり、何が聞きたいかというと、これから働くのに問題はないかどうか?なのです。中には意地悪な会社とかお店があるようですが、多くの場合、自分のところで仕事をしてもらうスタッフとして適正かどうかしか見ていないので、履歴書の中に気になった個所があったら確認しようかなという程度です。

 

無理な質問をしてくる場合答えなくてよい

 

コンプライアンスの重視される時代になり面接時になんでも聞けるような状況にはありません。プライベートな事に関して質問されたり、中には悪質な面接担当もいるようですが、無理な質問をされたら、答える必要はありません。

特に個人的なプライバシーに関する事や、異性関係などに関して質問されたら答えなくて良いです。場合によっては他のところに変えたほうが良い事もあるので、稀にそういうデリカシーのない面接担当も残念ながらいるようなので、あくまで仕事上の質問だけ明確に答えるようにしてかまいません。

 

 

いま他の人が読んでいるページ