全国の空き家を使って事業ををして利益を上げる

空き家対策クラウドファンディングを支援したい

 

全国の空き家の数は増加の一途となっていて、今日も、明日も空き家は増え続けています。新規住宅が都心に建設されていくのに、地方では誰も住まない空き家が増加しているのです。

当サイトではこの空き家対策のプロジェクトに賛同します。その理由は副業や事業者がコロナ影響もあって地方に移住したり、事務所や本社を地方に移動する機会も増加しているから無関係ではないためです。

 

空き家を借りる

空き家PROJECTの詳細はこちらです

 

2023年の2月までクラファンをしているので興味ある方、空き家対策を解決する支援をしたい方はぜひ参加頂けたらと思います。空き家の有効活用は多くの人を救うでしょう。

 

地方の空き家を副業や事業の場として活用する利点

 

いまや全国にはネット回線が整備されています。地方でも山奥でも自治体によって光回線が引かれている地域が多いので、空き家が多く過疎化に悩む地方でもネットは使える事が多いです。

特に都心、地方都市でネットを介してビジネスを展開するなら地方でも十分仕事を処理できるはずです。地方移住で得られる事として、環境が素晴らしい点です。

 

優雅な時間、ストレスの無い環境で都心と繋がる

 

地方の空き家物件を探せば家賃が安く、落ち着いた環境であるものも多いので、ストレスを解消しつつ業務をゆったり処理できている先住の移住者は増加しています。

ポイントは自分が求める環境を事前リサーチする点で、近くにコンビニがあるのが必須なのか、コンビニは必要ないけれど病院は必要とか希望があるはずです。そうした自分なりの譲れない部分をしっかり決めてから探せば満足できる移住が出来ます。

 

これからの副業環境、事業環境は脱都会かもしれない

空き家で安く生活する

以前は対面でのビジネススタイルが主流だった日本でも多くの企業がリモート、非対面での対応比率が増えています。そうなれば人が多い所にオフィスを置く意味も薄れます。

ネット環境が整備された今では、対面が必須な職種でないなら地方から世界に向けてビジネスを展開するスタイルも選択肢に入ります。

 

空き家を活用して経費を削減できる可能性も高い

 

空き家を含めた地方の賃貸料は都心部に比較すると非常に安くなります。経費が下がればその分顧客に還元出来る事になります。プライスに反映するので、経営の安定度も増すでしょう。

地方で利益を上げ続ける経営者が増えていく可能性がありますよね。過去の人が多く集まる場所でしか稼げないという考え方は過去のものになりつつあります。

 

いま他の人が読んでいるページ